当院について

診てもらってよかったと、ご満足いただくために。

内科診療においては、総合病院と同等の医療設備が整っており、豊富な経験と実績を持つ二人の医師が、まごころ込めたケアで対応いたします。

ごあいさつ

日本でいちばんサービスのいいクリニックに。

藤田内科クリニックは、1969年に開院し、地域医療に力をそそいで来ました。医学の進歩に対応するため2000年には建物、設備を一新し、その後も最新の検査機器を導入しております。
待合ホールには、松田真治氏のテラコッタ(素焼きの塑像)を季節がわりで展示し、安らぎの空間を提供できるものと考えております。
これからも、地域の皆様一人ひとりと、心より接し、より安心できる医療、信頼される医療を目指して、全力で努力いたしますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

沿革

このまちの人びとの健康を願って歩んできました。

  • 1969年8月10日、藤田嘉文が高岡市瑞穂町で藤田内科医院を14床で開業。
  • 1973年、病床を40床に増やし、藤田内科病院に名称変更。
  • 1992年、病床を廃止し、藤田内科クリニックに名称変更。
  • 2000年5月、藤田 一が院長に就任。同時にクリニックを新築し、設備も一新。
  • 2009年、超音波診断装置、無散瞳眼底カメラを新型に更新。
  • 2011年、骨密度測定装置を新型に更新。